消費者金融は何歳から利用できるのか

消費者金融は、主に個人向けに小口の融資を行っている貸金業者のことです。キャッシングとも呼ばれますがローンでありお金を借りることができるサービスです。その特徴としては銀行に比べて利用しやすいという点で、最短即日で審査に通れば、利用することが可能です。特に大手消費者金融であれば、自社ATMの数も多くコンビニが銀行などのATMも利用できますし、銀行振込にも対応しているので利便性に優れます。一方でデメリットとしては、金利が高いといったことや場合によっては各種手数料をとられるなど、何かと費用が掛かることなどがあります。ただ、信用力の低い人でも利用できるため、お金に困った時などに短期間だけ利用するといった使い方がされます。
一方で、消費者金融は何歳から利用できるのかといえば、20歳以上が原則です。これは未成年の場合には民法で保護されている関係でほとんどの業者は対応していません。また成人であっても学生の場合には安定した収入がなければ利用できません。これは貸金業法によって年収の3分の1までしか貸し付け出来ないというルールになっているためです。
大手では、これらが遵守されているので利用するのは不可能ですが、零細のところでは返済能力があると判断されれば貸し付けを行っているところもあります。特に学生でも大学や専門学校生などを相手にしている業者もあり、在学中であっても一定の収入があれば最大50万円程度まで利用することが可能です。